女性ホルモンが避妊をサポート?アフターピルとは

女性の体はとても複雑です。正常の女性ならば毎月生理決まった周期できます。生理とは女性ホルモンである黄体ホルモンが低下した後に起こる現象です。生理の正体は子宮内膜が剥がれ落ちたものです。それが生理として体から排出されるのです。

生理期間中は妊娠しにくいと言われている理由は子宮内膜が剥がれ落ちることで受精卵が子宮に着床しにくいからなのです。

アフターピルはこの黄体ホルモンの働きを利用したお薬なのです。
じつはアフターピルの有効成分は黄体ホルモンと同じ働きをするレボノルゲストレルという物質です。女性ホルモンと同じ働きをするので体への有害はありません。

つまりアフターピルは女性の特徴を生かした避妊薬なのです。

アフターピルで避妊ができる仕組み

アフターピルで避妊ができる仕組み

アフターピルを服用することで体にレボノルゲストレルが大量に摂取されます。
多くのレボノルゲストレルが体に摂取されることで女性の体は疑似妊娠をしたと勘違いしてしまうのです。じつはレボノルゲストレルを過剰に摂取することで妊娠状態に似た働きをするのです。しかし、2~3日するとレボノルゲストレルは急激に低下していき、妊娠していなかったと判断し生理を起こさせるのです。

アフターピルで起こる生理と普通の生理の違い

アフターピルで起こる生理と普通の生理の違い

アフターピルを服用した後3日~3週間の間に生理が起こります。このようにアフターピルによって起こる生理を消退出血と呼びます。
消退出血は普通の生理と違い生理周期とは関係なく起こります。殆どの場合、アフターピルを服用してから1週間~2週間ほどで消退出血が起こる女性が多いようです。

また普通の生理と色や量も違い消退出血の場合は、少量の黒や茶色の出血です。それが数日~1、2週間くらい続きます。

PAGE TOP